2017年10月8日、晴天の八百津町蘇水公園にて行われた「岐阜県中学生サッカー選手権大会」2回戦の結果は、以下の通りとなった。


55


[2回戦]
FC岐阜 2-1 ジョカトーレ関
得点者
FC岐阜:公表まち
ジョカトーレ関:不明
参考 http://gioca.sakura.ne.jp/cgi-bin/bbs/imgboard.cgi

上記ジョカトーレ関HP内掲示板のコメントにある通り、今回で敗退したチームは、フットサル岐阜県代表として、12月に開催される東海大会を経て、全国大会出場を目指すというミッションがまだ残っている。残り2ヶ月を充実したものとし、ぜひ岐阜県に朗報を届けて欲しい。

V可児 5-3 KーGP

夏前のクラブユース選手権岐阜県大会で3位決定戦を争った2チームの再戦。両チーム合わせて8ゴールが生まれた一戦は、夏と同じく、V可児に軍配が上がる形で終焉となった。

県2部リーグでは、群を抜く強さで優勝したKーGP。東海クラセンに出場するなどチームの歴史を塗り替えてきた。1、2年生は、来季チーム史上初の1部リーグを戦うことになる。開幕までの準備をしっかりと整え、3年生の果たせなかった夢を叶えるべく突き進んで欲しい。


E.C.Revante 1-4 高山FC

近年、県大会ベスト4の常連であり、2年前には夏の全国大会を経験したレヴァンテが、2回戦で敗退することとなった。観るものを惹きつけるプレーができる選手がいた代。中学サッカーは今日で終了だが、次のステージでさらなる輝きを願う。

一方の高山FCは、6年前にこの大会で優勝を飾り、4年前にはクラブユース選手権でも岐阜県制覇を成し遂げているチームではある。しかし、それ以降の高円宮杯岐阜県大会において、ベスト4への道が閉ざされていた。長らくベスト8止まりであったチームの歴史は今日更新され、来週、オレンジ色の戦士たちが聖地メドウのピッチへ立つ。

岐阜VAMOS 1-3 オリベ多治見


今季県リーグに活躍の場を移した岐阜VAMOS。第5代表として出場した東海クラセン初戦で全国トップの実力をもつ清水エスパルスと対戦し、時間内を無失点で抑え、PK戦で惜敗した。以来、リーグ戦での成績も上向き、今大会での好成績を望まれたが、オリベ多治見の前に今季を終了することとなった。

2008年にJrユースチームが創設されたオリベ多治見は、県リーグを今季5位で終了し、2回戦でリーグ4位の岐阜VAMOSと対戦。ここを勝ち抜き、OBOGらに嬉しい報告となるベスト4進出を決めた。

以上の結果から、

FC岐阜
V可児
高山FC
オリベ多治見


の4チームが準決勝進出を果たした。

来週14日に、長良川球技メドウにて準決勝2試合が行われる。

10時キックオフ
FC岐阜vオリベ多治見

12時キックオフ
V可児v高山FC

また、同日16時からは、FC岐阜トップチームが徳島ヴォルティスを迎えてのJ2リーグが長良川競技場で開催される予定だ。

朝から3試合を楽しめるサッカー観戦デーとして、その日を嬉々として待つとしよう。

(昨日、現地から4試合速報を届けるとお知らせいただき、その通り、情報をシェアしていただいたK様に厚く御礼申し上げます)