岐阜県フットボールNEWS

サッカーレベル、カテゴリーに関係なく、観戦を楽しむ”にわか”サッカーファンが運営しています。 *サッカー協会および各種サッカー団体とは無関係です。←ここ重要 *目の前で見たこと、クチコミ中心の情報となるので、たまに誤りがあります。

クラセン

U-18 クラブユース選手権東海大会最終トーナメント第2試合 写真レポート

2014年6月14日に開催されたU-18クラブユース選手権東海大会最終トーナメント第2試合結果および写真レポートとなります。

磐田市ゆめりあ開催
14時30分キックオフ
FC岐阜U-18 1-6 アカデミー福島

得点者:
FC岐阜:安藤悠人(FC岐阜U-15出身)
アカデミー福島 ほか


ゴール裏にはためく横断幕。
試合前に、FC岐阜サポのお二人が掲出していました。

2014-06-18-15-58-43

ベンチ前で選手スタッフらの大円陣。
気合をいれて試合に臨みます。

2014-06-18-15-58-42

FC岐阜U-18スタメン

2014-06-18-15-58-44
2014-06-18-15-58-44
2014-06-18-15-58-45

フォーメーションは、こちら↓

2014-06-18-19-22-51


センターサークルには、10山本と9中嶋。
2014-06-18-15-58-45

試合序盤から一気に仕掛けてきたアカデミー福島。
先制されたFC岐阜は、時間をおくことなく6安藤のゴールで、同点に追いつく。

同点ゴール後の6安藤と11大村。
2014-06-18-15-58-48

この日、ゴールを守るのは、12岩田。
2014-06-18-15-58-46

守備のかなめの二人。
キャプテン2長野。
2014-06-18-15-58-46

その後、もう1点いれられ、前半を1-2で折り返したFC岐阜U-18。

最終ラインから声でチームを鼓舞し、ファイトした17平本。
2014-06-18-15-58-50

ここがアウェイとは思えないほどたくさん貼られた横断幕がチームを支える。
2014-06-18-15-58-52

ボランチの一角、4入山。
2014-06-18-15-58-50

最初の交代で、7徳田が入る。

2014-06-18-19-22-44

サイドを駆け上がった16脇田。
途中、脚に違和感を覚え、ピッチから出るシーンも。
2014-06-18-15-58-52


得点のにおいを感じさせたFC岐阜U-18だったが、ゴールに至らず。

後半20分を過ぎると徐々にチーム力の差が浮き彫りに。

すると、アカデミー福島の攻撃が功を奏し始める。
FC岐阜U-18は、立て続けに失点を重ねてしまう。

そして、17平本の負傷により、14江上がピッチに。
2014-06-18-19-22-41

終わってみれば、1-6の大敗。

「あともう少し」
のように見えた全国大会への道は、その扉を重く閉ざされたままだった。

2014-06-18-19-22-36

試合終了後、バクスタへの挨拶にきたFC岐阜U-18選手・スタッフら。

-------------------------

スコア的に見れば大敗ではあるものの、ここ数年みてきた中では、FC岐阜アカデミーとしての成長を感じずにはいられない、大きな伸びしろを見せてくれたチーム。

安達新監督のもと、今後のG1リーグでの好成績の維持を続けば、G1参戦2年目でのプリンスリーグ昇格戦を戦うことも夢ではないでしょう。

いかんせん、まだ6月。

この戦いを糧に、大きく成長を遂げてほしいものです。
(負けた試合を見たのに、今後、このチームがどこまで成長するのか?それが、楽しみでありません)

*全国大会の詳細は、日本クラブユース連盟の公式HPにてご確認ください。
http://www.jcy.jp/


♪ Twitterをはじめてみましょう ♪

ボランティア3名による岐阜県サッカー試合速報を行っています。
「ぎふ蹴球速報 改め きのし」 → https://twitter.com/4gffp

岐阜県サッカー協会の公式HP更新情報等各種フットボールニュースを紹介しています。
「岐阜県フットボールNEWS」 → https://twitter.com/GFfootballnews
 
*現在、荒らし行為をうけているため、Twitterアカウントをお持ちでない方が閲覧できない非公開の状態にしています。お手数ですが、Twitter登録をして、サッカー部員やその父兄であるようわかるようにアカウント名もしくはプロフィールをつくって、フォローリクエストをお願いします。

U-18 クラブユース選手権東海大会最終トーナメント第1試合 写真レポート

2014年6月14日に開催されたU-18クラブユース選手権東海大会最終トーナメント第1試合結果および写真レポートとなります。

磐田市ゆめりあ開催
11時45分キックオフ
清水エスパルスユース 6-0 愛知FC

得点者:
27分 森主 麗司
33分 大野 椋馬(帝京大可児中学出身)
36分 オウンゴール
46分 大野 椋馬(帝京大可児中学出身)
49分 大野 椋馬(帝京大可児中学出身)
70分 望月 大

*清水エスパルス公式HPより

よく晴れた磐田市ゆめりあ会場。
2014-06-18-15-54-59

数年ぶりにみる清水エスパルス。
監督は、かつて高校サッカー界で「清水三羽烏」と呼ばれた大榎監督が健在です。

清水スタメン↓

2014-06-18-15-55-00

そして、昨年、GFCで行われた岐阜工とのTMを見て以来の愛知FC。
スタメンは、こちら↓

2014-06-18-15-55-01

両チームの試合前の円陣風景↓

2014-06-18-15-55-01
2014-06-18-15-55-02
2014-06-18-15-55-03
2014-06-18-15-55-03

愛知FCは、清水ゴールまで迫るシーンもありましたが、少ないチャンスを決めきれず。またGKの好セーブ連発も、チームとしての力量差をカバーできるものではありませんでした。

これが高校年代最上位のプレミアリーグに参戦しているチーム 清水エスパルスの力。

試合終了まで、攻撃の手をゆるめることなく、愛知FCに対して6ゴールを決め、TMでゆめりあにいたライバル ジュビロ磐田ユースっ子らが見守るなか、東海第二代表として全国出場を決めました。

2014-06-18-15-55-04
2014-06-18-15-55-04
2014-06-18-15-55-05

こちらは、2012年のぎふ清流国体 サッカー少年の部で、中学生ながら岐阜県選抜の一員として、途中出場した大野椋馬くん。2年生ながら、清水の9番を背負い1トップでプレー。

2014-06-18-15-55-05
2014-06-18-15-57-04
2014-06-18-15-57-05

この日は、なんとハットトリックの活躍で、チームを全国大会へと導く力を見せてくれました。

2014-06-18-15-55-06

この清水エスパルスユースの横断幕たちも数年前からみていますが、ずいぶんと色あせましたね。歴史を感じさせられます。

この日の本命は、もちろん岐阜のユースっ子でしたが、県外にでている岐阜っ子の順調な成長っぷりをみせてもらえました。 

ひと足先に8月の全国大会出場を決めている京都サンガの同級生・松下英右くんとともに、大野椋馬くんの活躍を楽しみにしています。


*全国大会の詳細は、日本クラブユース連盟の公式HPにてご確認ください。
http://www.jcy.jp/


♪ Twitterをはじめてみましょう ♪

ボランティア3名による岐阜県サッカー試合速報を行っています。
「ぎふ蹴球速報 改め きのし」 → https://twitter.com/4gffp

岐阜県サッカー協会の公式HP更新情報等各種フットボールニュースを紹介しています。
「岐阜県フットボールNEWS」 → https://twitter.com/GFfootballnews
 
*現在、荒らし行為をうけているため、Twitterアカウントをお持ちでない方が閲覧できない非公開の状態にしています。お手数ですが、Twitter登録をして、サッカー部員やその父兄であるようわかるようにアカウント名もしくはプロフィールをつくって、フォローリクエストをお願いします。
 
楽天市場
記事検索
  • ライブドアブログ