岐阜県フットボールNEWS

サッカーレベル、カテゴリーに関係なく、観戦を楽しむ”にわか”サッカーファンが運営しています。 *サッカー協会および各種サッカー団体とは無関係です。←ここ重要 *目の前で見たこと、クチコミ中心の情報となるので、たまに誤りがあります。

プリンス東海

U-18 プリンスリーグ東海2014 帝京大可児の今季ラストゲームは、明日12/6ホームけやき開催!

明日12月6日(土)に開催されるプリンスリーグ東海の最終節。

帝京大可児2014のラストゲームは、選手権愛知県代表 中京大中京を迎えてのホームけやきフィールド開催となります。

2012年からプリンスリーグ東海に岐阜県唯一の参戦を続けている帝京大可児は、年間を通して「岐阜県代表」の看板を背負っているチームといってもいいでしょう。

昨年は、最終節まで残留できるかどうかがわからなかった状態でしたが、岐阜県から”プリンスの灯”を絶やさぬよう、常に岐阜県トップの自負をもって戦ってくれていると思っています。

今季の帝京大可児は、何度も繰り返してきましたが、2年前のぎふ国体に出場したメンバーを多数擁しています。

そのメンバーらが最高学年を迎え、前評判通り、新人戦と総体予選で岐阜県を制してきました。

プリンスリーグ東海のおいても、首位 浜松開誠館に勝利するなど、最終節を前に残留を確定しているどころか、帝京大可児チーム史上最高順位となる暫定5位に位置しています。

http://www.jfa.jp/match/prince_takamado_trophy_u18/2014/prince/standings/tokai_1.html

この学年は、帝京大可児のなかでも非常に部員数が多いことが際立っていました。

12月開催となったプリンスリーグ東海の最終節をむかえるまえに、すでに多くの選手たちが引退しているようですが、今年の選手権予選を通じて帝京大可児サッカー部が見せた”部員同士のきずなの強さ”は、みなさんの目に焼き付いているでしょう。

最後に、1週間後の13日から、岐阜工がプリンスリーグ東海参入戦に臨むこともあって、2009年以降のプリンスリーグ東海をまとめてみました。

帝京大可児がいかにプリンスリーグ東海を戦ってきたかを振り返る意味でも、これまでのチームの戦績を確認しておくとよいではないでしょうか?


2009年---------------------

岐阜県勢の戦績
岐阜工と各務原が2部に所属。
岐阜工が3位フィニッシュで残留も、各務原が県リーグへ降格となる。

http://www.jfa.or.jp/match/matches/2009/prince_league/tokai.html

1部

2009_1

2部
2009_002


2010年---------------------------

岐阜県勢の戦績
帝京大可児が、プリンスリーグ昇格年に2部で優勝し、1部昇格を遂げる。
同時に、2部6位フィニッシュとなった岐阜工がこの年を最後に、今日に至るまで県リーグG1を主戦場とすることになった。

1部
http://www.jfa.or.jp/match/matches/2010/prince_league/tokai_1/schedule_result/schedule.html

2010_!


2部
http://www.jfa.or.jp/match/matches/2010/prince_league/tokai_2/schedule_result/schedule.html

2010_002


2011年----------------------------

岐阜県勢の戦績
1部に昇格した初年度、帝京大可児は7位フィニッシュとなり、残留を決める。
G1からプリンス東海に復帰した各務原は、2部7位となる。しかし、この年を最後に2部廃止となるリーグ制度の変更に伴い、G1への降格となった。

1部
http://www.jfa.or.jp/match/matches/2011/prince_league/tokai_1/schedule_result/schedule.html

2011


2部
http://www.jfa.or.jp/match/matches/2011/prince_league/tokai_2/schedule_result/schedule.html

2011_2


2012年----------------------------------

岐阜県勢の戦績
1部制となったプリンスリーグ東海のおいて、帝京大可児が岐阜県勢最高位となる6位でシーズンを終える。
G1首位となった中京は、現FC岐阜の遠藤純輝を擁するも、昇格を果たせず。

http://www.jfa.or.jp/match/matches/2012/prince_league/tokai_1/schedule_result/schedule.html

2012


2013年--------------------------------

岐阜県勢の戦績
プレミアイーストから静岡学園の降格がほぼ確定的になっているなか、帝京大可児が残留を確定できない状態で、最終節に挑む。全試合同時キックオフとなったこの試合、帝京大可児が三重との一戦をドローで終了。四中工の敗退を受けて、プリンス残留を決めた。
G1首位となった各務原は、三重県代表不在のなか、静岡・愛知県チームの昇格を目前に見せられる結果となった。

http://www.jfa.or.jp/match/matches/2013/prince_league/tokai/schedule_result/schedule.html

2013 

===========================










高校サッカーは頭脳が9割
篠幸彦
東邦出版
2013-12-13



 

U-18 プリンスリーグ東海2014 第15節 帝京大可児、ジュビロ磐田に敗れ、選手権前の最後の公式戦を勝ち星で飾れず。

2014年9月27日に開催されたU-18プリンスリーグ東海2014第15節の結果まとめとなります。
*記事中で紹介しているツイートは、現地観戦された方のものとなります。



浜松開誠館 1-0 清水桜が丘
得点者
浜松開誠館:橋本泰志




藤枝明誠 2-2 
藤枝東
得点者
藤枝明誠:濱託巳、大塚聖磨
藤枝東:川本紘平、山田盛央(JUVEN.出身) 


静岡学園 3-1 中京大中京
得点者
静岡学園:薩川淳貴、本藤風太、安原俊平
中京大中京:平山晟


東邦 0-2 磐田東 
得点者
磐田東:杉田和優、角田晃基、山下弘倫
参考:東邦高校サッカー部公式HP http://aichi-toho.sakura.ne.jp/index2.htm

帝京大可児 1-2 ジュビロ磐田U-18
得点者
帝京大可児:藤田章太郎(帝京大可児中学出身)
ジュビロ磐田U-18:立川 嶺、小野原 和哉
 

公式記録
 
004

写真レポート
*このブログやTwitter等で掲載している写真の転載および加工等は禁止します。
2014-10-01-17-02-24
2014-10-01-17-03-01
2014-10-01-17-03-13
2014-09-28-10-20-46
2014-10-01-17-06-55
2014-09-28-10-20-48
2014-09-28-10-20-50
2014-10-01-17-07-30
2014-10-01-17-08-06
2014-10-01-17-08-47
2014-10-01-17-09-11
2014-10-01-17-10-06
2014-10-01-17-10-38
2014-10-01-17-11-23
2014-09-28-10-20-57
2014-10-01-17-17-51
2014-10-01-17-19-56
2014-10-01-17-18-59
2014-10-01-17-20-34
2014-10-01-17-17-53
2014-10-01-17-17-51
2014-10-01-17-19-25

久しぶりに観戦に訪れたTEIKYOけやきフィールド。

今季は、なかなか観戦かなわず、これがプリンスリーグ東海2014初観戦です。

試合1時間前に到着しました。

到着後すぐに目に入ったのは、帝京大可児父兄のみなさんがフィールド周りに旗を設置するなど、ホームの雰囲気を盛り上げようとする光景です。

けやきフィールドは、選手権予選でも会場として使用されるかと思われますので、そのあたりのレポートなどをしてみますね。

まず、敷地内に入ってすぐの建物には、裏に回ったところに、男女別のトイレ有。

建物脇に、自販機があります。

人工芝のピッチのため、周りにネットが張り巡らされています。

観戦エリアは主に、バック側となり、スタンド席や屋根等はありません。

バック側中央に櫓がたっていますが、こちらはチーム関係者もしくは申請受付をした方がビデオおよびカメラ撮影をするための場所となっているようです。

バック帝京大可児側には、横断幕が掲げられており、その後ろでサッカー部員の応援スペース、その隣にテントが建てられて、父兄のみなさんが観戦とドリンク等のおもてなし準備スペースとして使用されていました。

試合内容は、触れずに...

 参考: http://www.jfa.jp/match/prince_takamado_trophy_u18/2014/prince/standings/tokai_1.html
003

帝京大可児は、この試合に敗れはしたものの、選手権による中断前を6位でフィニッシュ。

ジュビロ磐田は、2位に上昇で今年もプレミアリーグ参入戦への挑戦が現実味を帯びてきましたね。

残り3節!

まだまだ何が起こるかわかりません。

プリンスリーグ東海の結果詳細は、下記の公式サイトで確認してください。


帝京大可児トップチームの次なる公式戦は、10月25日開催の高校サッカー選手権岐阜県大会R32となります。


U-18 プリンスリーグ東海2014 第14節 首位・浜松開誠館を撃破!次節9/27は、ホームけやきフィールドでジュビロ磐田を迎え撃つ!

2014年9月23日に開催されたU-18プリンスリーグ東海2014第14節の結果まとめとなります。
*記事中で紹介しているツイートは、現地観戦された方のものとなります。



藤枝明誠 2-0 中京大中京
得点者
藤枝明誠:佐藤諒、大塚聖磨

清水桜が丘 2-2 静岡学園
得点者
清水桜が丘:篠崎顕、大石竜平、
静岡学園:荒井大、名古新太郎*JFA公式では、名前誤りあり


ジュビロ磐田U-18 0-2 磐田東 
得点者
磐田東:杉田廉、阿部正希



藤枝東 1-0 東邦
得点者
藤枝東:OG
参考:東邦高校サッカー部公式HP http://aichi-toho.sakura.ne.jp/index2.htm




浜松開誠館 0-1 帝京大可児
得点者
帝京大可児:玉木優也(帝京大可児中学出身)



公式記録
 005


公式記録を見る限り、たまちゃん..(いろいろな意味で)という感想に尽きます。

朗報をもらったとき、1年前に浜松市内で迷子になったことを思い出しながら、今季リーグ首位となった浜松開誠館に勝利したことに驚きよろびました。

勝ち点3を上乗せしたものの、6位キープの帝京大可児です。

いま上位リーグのプレミア東と西の状況をみていますが、東海エリア所属となるアカデミー福島の戦績が芳しくありません。

よって、やはり今年も残留ラインが7位以上と考えています。

残り4節。

どれだけ勝ち星をあげられるかに期待しています。
1

 参考: http://www.jfa.jp/match/prince_takamado_trophy_u18/2014/prince/standings/tokai_1.html


帝京大可児の次戦は、27日にホーム・けやきフィールドへジュビロ磐田U-18を迎えての開催となります。

ひさびさに、岐阜県フットボールNEWSから試合速報を行う予定です。


 プリンスリーグ東海の結果詳細は、下記の公式サイトで確認してください。

U-18 プリンスリーグ東海2014 第12節 帝京大可児は、静岡学園に敗れるも、6位キープ。次節9/20は、ホームけやきフィールドにて開催!

2014年9月13日に開催されたU-18プリンスリーグ東海2014第12節の結果まとめとなります。
*記事中で紹介しているツイートは、現地観戦された方のものとなります。



藤枝明誠 2-2 東邦
得点者
藤枝明誠:加藤啓太、濱託巳
東邦:澤田奨平、片寄圭人
参考:東邦高校サッカー部公式HP http://aichi-toho.sakura.ne.jp/index2.htm

清水桜が丘 7-1 磐田東
得点者
清水桜が丘:信末悠太×2、金山晃典、金山晃典、大石竜平、鈴木尚弥、山田柊斗
磐田東:金田将広

中京大中京 0-5 ジュビロ磐田U-18
得点者
ジュビロ磐田:及川純平、大西遼太郎、山本紘夢、塩谷仁、上原力也



浜松開誠館 1-0 藤枝東 
得点者
浜松開誠館:加藤衡司嘉




帝京大可児 1-4 静岡学園
得点者
帝京大可児:川瀬凌(愛知FC出身)
静岡学園:OG、本藤風太、加納澪、旗手怜央




公式記録
 004
 
今節の帝京大可児の対戦相手が静岡学園なので、もう何年もブログを拝見しているリズテクさんが現地観戦&レポート書いてくれるんじゃないかと期待していたところ、公式記録でみる疑問箇所について解決しました。

前半20分過ぎの時点で、10丸山→8松葉の交代があって、その松葉も後半に18村瀬と交代しているのですが、観戦レポートをみてそうだったのねとなりました。

静岡学園に敗戦も、まだまだ6位キープの帝京大可児。

 参考: http://www.jfa.jp/match/prince_takamado_trophy_u18/2014/prince/standings/tokai_1.html
004

次戦20日は、ひさしぶりに正真正銘のホームけやきフィールドに、現在2位の清水桜が丘を迎えます。
キックオフは、11時です。

帝京大可児は、レポートを見る限り、総体後から戦い方を変えているようです。

選手権に向けて新たな取り組みをしている帝京大可児をぜひ見に行ってみてください。
(けやきまで往復3時間のなかの人は、27日に行く予定です)

 プリンスリーグ東海の結果詳細は、下記の公式サイトで確認してください。

U-18 プリンスリーグ東海2014 第11節 帝京大可児SB金山2ゴールの活躍で、磐田東に勝利!リーグ順位は、6位キープ!

2014年9月6日7日に開催されたU-18プリンスリーグ東海2014第11節の結果まとめとなります。
*記事中で紹介しているツイートは、現地観戦された方のものとなります。

藤枝東 2-0 清水桜が丘 
得点者
藤枝東:大石元気×2 

中京大中京 2-3 浜松開誠館
得点者 
中京大中京:小原羽早駄×2
浜松開誠館:三好遼、松原后、今井綸砂




ジュビロ磐田U-18 8-1 藤枝明誠
得点者 
ジュビロ磐田U-18:大西遼太郎、山下諒也×4、津島孝至、森下龍矢、立川嶺
藤枝明誠:大石宏海



磐田東 0-4 帝京大可児
得点者
帝京大可児:金山隣太稜(帝京大可児中学出身)×2、川瀬凌(愛知FC出身)、黒木将太(FC岐阜U-15出身)


 公式記録
2014-09-08-13-20-19

9月7日
静岡学園 2-0 東邦
得点者
静岡学園:中澤史伝、名古新太郎

観戦レポート 
http://blog.goo.ne.jp/1982730/e/1d71c0a5b79ef9a22eea799e878beb15
参考:東邦高校サッカー部公式HP http://aichi-toho.sakura.ne.jp/index2.htm


清水桜が丘がこれまでリードしてきたプリンスリーグ東海は、とうとう今節で首位が入れ替わり、浜松開誠館が首位に立ちました。

参考: http://www.jfa.jp/match/prince_takamado_trophy_u18/2014/prince/standings/tokai_1.html
013

我らが帝京大可児も、連勝で勢いづいての6位キープ!

......いいぞ(*゚∀゚)っ

今節2ゴールの活躍を見せたのは、帝京大可児SBの金山選手。
そのゴールシーンが思わぬ形で見ることができましたが、いいゴールですね。
 
彼のゴールを見たのは、昨年のG1リーグ以来です。
この現在チーム得点王が見せるゴール後の笑顔も格別ではないですかw

帝京大可児の次節は、9月13日昼11時キックオフで、静岡学園戦@中津川陸上競技場となります。
お近くの方は、ぜひ現地へ駆けつけてくださいヾ(´ω`=´ω`)ノ 



プリンスリーグ東海の結果詳細は、下記の公式サイトで確認してください。
http://mobiletetsu-stc.cocolog-nifty.com/blog/2014/index.html

戦績表 http://mobiletetsu-stc.cocolog-nifty.com/blog/files/2014090602.pdf
得点ランキング http://mobiletetsu-stc.cocolog-nifty.com/blog/files/2014090603.pdf


 

U-18 プリンスリーグ東海2014 第10節 結果 飛騨古川の地で、帝京大可児が3発快勝!

2014年8月30日に開催されたU-18プリンスリーグ東海2014第10節の結果まとめとなります。
*記事中で紹介しているツイートは、現地観戦された方のものとなります。



磐田東 1-1 静岡学園 
得点者
磐田東:石川凌
静岡学園:名古新太郎

観戦レポート 
http://blog.goo.ne.jp/1982730/e/601977dcb49c4d48830ab0108aedf828

東邦 3-2 ジュビロ磐田U-18
得点者
東邦:土本怜央×2、西村雄生、
ジュビロ磐田:塩谷仁、森下龍矢

参考:東邦高校サッカー部公式HP http://aichi-toho.sakura.ne.jp/index2.htm

帝京大可児 3-0 藤枝東
得点者
帝京大可児:大井慎太郎(帝京大可児出身)×2、藤田章太郎(帝京大可児中学出身)
 公式記録
011



藤枝明誠 2-3 浜松開誠館
得点者 
藤枝明誠:大塚聖麿、大石宏海
浜松開誠館:三好遼、加藤衛司嘉、刑部天斗






清水桜が丘 2-1 中京大中京
得点者 
清水桜が丘:大石竜平、金山晃典
中京大中京:富田光






かつて国体会場となった飛騨古川ふれあい広場。
当時、岐阜県選抜として試合に出場した選手が多く揃う帝京大可児が、今年もこの地にやってまいりました。

高山エリアの岐阜っ子プレーヤーたちも、かつてのチームメイトの応援等で、会場にかけつけて観戦したようですね。

さて、今回の帝京大可児は、スタメンが全員3年生という構成で、藤枝東との試合に臨みました。

この試合は、大井と藤田の「二人の太郎」による計3発のゴールが生まれ、守備陣も失点ゼロで抑えて、リーグ再開後の初戦を、快勝で飾ることとなりました。

そして!
勝ち点3を獲得しての6位へ順位が上昇です!!
 http://www.jfa.jp/match/prince_takamado_trophy_u18/2014/prince/standings/tokai_1.html

012

次節は、9月6日14時キックオフで、アウェイ磐田東戦@ゆめりあとなります。 
 
プリンスリーグ東海の結果詳細は、下記の公式サイトで確認してください。
http://mobiletetsu-stc.cocolog-nifty.com/blog/2014/index.html

戦績表 http://mobiletetsu-stc.cocolog-nifty.com/blog/files/2014071902.pdf
得点ランキング http://mobiletetsu-stc.cocolog-nifty.com/blog/files/2014071903.pdf


 

U-18 プリンスリーグ東海 【観戦予定者:要確認】 帝京大可児戦のキックオフ時間変更あり!

いよいよ8月30日(土)からプリンスリーグ東海が再開となります。

再開後の帝京大可児ホーム第1戦と第2戦の会場は、準ホーム扱いの飛騨古川ふれあい広場と中津川公園競技場です。

普段のホーム戦会場のけやきより、ちょっと遠いところになるので、現地観戦予定の方はそれなりに準備していることでしょう。管理人も観戦予定で、栗きんとんをあそこで購入して。。。と段取りしてたところ。

ところが!
キックオフ時間がそれぞれ変更となっているので、現地観戦される方は特に気をつけてください。
(栗きんとんのメッカ)中津川会場のキックオフ時間は、5時間も早まっています。

*近々更新される予定の帝京大可児HPでも日を改めてご確認ください。

http://teco.copin.co.jp/s-schedule.html

第10節

8月30日(土) 10:00 (当初11:00)
飛騨古川ふれあい広場
帝京大可児v藤枝東



第12節

9月13日(土) 11:00 (当初16:00)
中津川公園競技場
帝京大可児v静岡学園




ちなみに、帝京大可児のリーグ順位は次のとおり。
参考:http://www.jfa.jp/match/prince_takamado_trophy_u18/2014/prince/standings/tokai_1.html
princeTOKAI2ndHALF002


帝京大可児サポーターではないけれど、岐阜県トップクラスのチームの情報はチェックしておきたいというサッカーファンもいるかと思います。

今年上半期は、帝京大可児の情報がなかなか昨年のように入手しづらかった状態が続きましたが、ありがたいことに、これからは帝京大可児関係者の方から情報をシェアしていただけることになりました。

緊急を要するものは、先にTwitter(岐阜県フットボールNEWS)でお知らせしますので、こちらも併せてチェックをお願いします。





 

U-18 プリンスリーグ東海2014 第9節 帝京大可児は、中京大中京とドローも7位浮上!

2014年7月19日20日に開催されたU-18プリンスリーグ東海2014第9節の結果まとめとなります。
*記事中で紹介しているツイートは、現地観戦された方のものとなります。


藤枝東 1-0 磐田東 
得点者
藤枝東:小谷春日

観戦レポート 
http://blog.goo.ne.jp/1982730/e/8837e28e4240875b15b67950f6e4be3b

浜松開誠館 2-1 東邦
得点者
浜松開誠館:橋本泰志、加藤衡司嘉
東邦:鈴木大嗣
 
清水桜が丘 0-0 藤枝明誠


静岡学園 0-1 ジュビロ磐田U-18
得点者
ジュビロ磐田:上原力也

観戦レポート http://blog.goo.ne.jp/1982730/e/0dfd4d770a149a3f664e1dd4bdbbcefa

ジュビロ磐田から2名のトップ昇格者とのことです。

中京大中京 1-1 帝京大可児
得点者 
中京大中京:犬飼翔洋
帝京大可児:森永佑(FC岐阜U-15出身)

帝京大可児は、勝ち点1を獲得して、7位となりました。

20140734

帝京大可児は、現在インターハイ全国大会前の最終調整ということで、大阪・堺で行われているサッカーフェスティバルに参戦中とのことです。

次節は、8月30日(土) 11時キックオフで、ホーム扱いの飛騨古川ふれあい広場にて、藤枝東戦となります。その藤枝東にも、JUVEN.出身の岐阜っ子がいますね。

 http://www.jfa.jp/match/prince_takamado_trophy_u18/2014/prince/standings/tokai_1.html
 
プリンスリーグ東海の結果詳細は、下記の公式サイトで確認してください。
http://mobiletetsu-stc.cocolog-nifty.com/blog/2014/index.html

戦績表 http://mobiletetsu-stc.cocolog-nifty.com/blog/files/2014071902.pdf
得点ランキング http://mobiletetsu-stc.cocolog-nifty.com/blog/files/2014071903.pdf

*参考までに、帝京大可児サッカー部(中学、高校)の夏季スケジュールを掲載
http://teco.copin.co.jp/syoko/2014summer.pdf
 

U-18 プリンスリーグ東海2014 第8節 帝京大可児、藤枝明誠に敗れ順位を下げる。

2014年7月12日に開催されたU-18プリンスリーグ東海2014第8節の結果まとめとなります。
*記事中で紹介しているツイートは、現地観戦された方のものとなります。


磐田東 0-2 中京大中京  
得点者
中京大中京:市川賢伍、
市川兼伍、

東邦 0-2 清水桜が丘
得点者
清水桜が丘:信末悠汰、篠崎 顕
 
藤枝明誠 3-1 帝京大可児
得点者 
藤枝明誠:大塚聖磨、内山星哉、大塚聖磨
帝京大可児:松葉浩也(高山FC出身)


浜松開誠館 2-1 ジュビロ磐田U-18
得点者
浜松開誠館:今井綸砂、加藤衡司嘉
ジュビロ磐田:山本紘夢

ジュビロ磐田公式ブログ http://buff.ly/1qbBRXh








静岡学園 0-0 藤枝東

 
帝京大可児は、今季いまだ勝ちなしだった藤枝明誠に初白星を献上し、順位を一つ下げて、8位となりました。

news_142449_003


中断前のラストゲームは、インターハイ全国大会最後の公式戦です。

次節は、7月19日(土)16時キックオフで、アウェイ中京大中京戦となります。
 http://www.jfa.jp/match/prince_takamado_trophy_u18/2014/prince/standings/tokai_1.html
 
プリンスリーグ東海の結果詳細は、下記の公式サイトで確認してください。
http://mobiletetsu-stc.cocolog-nifty.com/blog/2014/index.html

戦績表 http://mobiletetsu-stc.cocolog-nifty.com/blog/files/2014071302.pdf
得点ランキング http://mobiletetsu-stc.cocolog-nifty.com/blog/files/2014071303.pdf


*参考までに、帝京大可児サッカー部(中学、高校)の夏季スケジュールを掲載
http://teco.copin.co.jp/syoko/2014summer.pdf
 

U-18 プリンスリーグ東海2014 第7節 帝京大可児が今季L2勝目!

2014年7月5日に開催されたU-18プリンスリーグ東海2014第7節の結果まとめとなります。


藤枝東  2−2 中京大中京  
得点者
藤枝東:OG、松田優也
中京大中京:市川賢伍、
犬飼翔洋、

静岡学園 1-0  浜松開誠館
得点者
静岡学園:木戸太郎
 
帝京大可児 1-0 東邦
得点者 
帝京大可児:杉原諒省(帝京大可児中学出身)

清水桜が丘 2-1  ジュビロ磐田
得点者
清水桜が丘:信末悠太、金山晃典
ジュビロ磐田:森下龍矢
 
藤枝明誠 1-2  磐田東
得点者:
藤枝明誠:宮木敬理、
磐田東 :石川凌、宮本研伍
 
帝京大可児は、今期2勝目をあげて、順位を7位としました。
中断前に、あと勝ち点6を上積みすることができるか?!

次節は、7月12日(土)16時キックオフで、アウェイ藤枝明誠戦となります。
 http://www.jfa.jp/match/prince_takamado_trophy_u18/2014/prince/standings/tokai_1.html
 
プリンスリーグ東海の結果詳細は、下記の公式サイトで確認できます。
http://mobiletetsu-stc.cocolog-nifty.com/blog/2014/index.html

戦績表 未公表
得点ランキング 未公表






 
楽天市場
記事検索
  • ライブドアブログ